東海半休ナビ 有給休暇の使い方提案 -TOKAI HANKYU NAVI-

インスタグラム

有給休暇とは言わずもがな、6ヶ月以上働き、8割以上勤務した人に与えられるものです。皆さん有給休暇取ってますか? 「会社は取れって言うけど、取りにくい。」「管理職が率先して取ってよ。」仰るとおり。 という訳で会社の鏡となるべく、管理職が半休を使って、山あり海あり都会ありの魅力溢れる東海地方を巡ってエンジョイしてみます。

[半休ナビゲーター]HANKYU NAVIGATOR

JJ(じゅんじゅん) 30代 管理職 考えるより感じる派

好きな食べ物:寿司・ラーメン・アイスクリーム
好きな酒:茶色い酒
好きな本:三島由紀夫「金閣寺」

[ 弊社では半休0.5日カウントなので、
1ヶ月に1回半休を取得すれば、1年間で6日取得です。]

Vol.9「うだつのあがる美濃観光」

岐阜県の中央に位置する美濃市。美濃和紙が有名。出世しない、ぱっとしないことなどを、うだつがあがらない。という言葉があるが、美濃市はその逆。うだつの上がる町並みが残り、うだつを見ることができる。

美濃市へは電車だと、JR・長良川鉄道を使い2時間以上かかるうえ、高速バスでも1時間50分

ということで、車が一番早い

名古屋から車で約50分。美濃市へ

 

 

10:00  『うだつの上がる町並み』

和紙の取引でうだつが上がった町並みが残っている

電信柱がない景観

 

町並み近くには、市営の駐車場がいくつか点在していて、無料か”駐車場協力金”という

100円を自主的に入れる箱が立っているので駐車には便利

街ブラへ

 

10:10 『日進堂書店』

創業明治43年の和紙と和紙製品のお店

和紙はもちろん、小物、ポチ袋など、ありとあらゆる紙にまつわるものが揃っていた

 

10:30 『らんたんや』

美濃和紙を使った、創業50年以上のちょうちん屋。

今風のものから昔のものまで作っていて、色々相談に応じてくれる

 

10:40 『美濃町家Mam’s』

老舗米屋が始めたパン屋なので米粉を使っていてモッチモチなパンが並ぶ。どれも体に良さそうな感じ

中ではカフェも併設

 

11:00 『Abeille.S(アベイユ・エス)』

ケーキ屋とは思えないレトロな和風な外観だけど中は洋菓子店。おいしそうなケーキがショーケースに並んでいる。イートインもできる

桃をまるごと1個つかったスイーツ”ももだま”が人気だが夏季限定

 

サブレは紅茶と塩バニラとヘーゼルナッツがあり、お土産にもぴったり

 

11:20『旧名鉄美濃駅』美濃市駅近くにある

今でも残るレトロ電車にレトロ駅舎。

 

11:40 『ニュー柳屋食堂』旧名鉄美濃駅の並びにある

昭和21年創業。ご当地B級グルメ的な”とんちゃん屋”。定食もあるが、好きな肉をオリジナル味噌ダレに絡めて焼いてくれる

とんかつ、カレー、ラーメンまで何でもある食堂

とんちゃん380円、きも焼350円、野菜ミッックス200、ライス小180

プレスがインパクトある。味というより雰囲気おいしい店

肉の持ち帰りをする人もいるみたい

 

12:45 『美濃橋』

ぬぁんと日本で一番古い吊橋!とのこと。赤くレトロで歩行者・自転車専用橋で実用的に使われている

平成32年3末まで、という超長い工事のため渡れなかった。残念

 

近くにある”道の駅美濃にわか茶屋”がよさそうだったけど時間がなくて断念

 

静かで穏やかな街で、山あり川ありと癒された午前休でした

 

13:00に美濃市を出発し、13:50に名古屋着

14:00から午後勤務で出社

 

 

<行き先情報>

日進堂書店 9:30〜18:30

らんたんや 10:00〜17:00 水曜定休

美濃町家Mam’s 10:30〜18:00 日・月曜定休

Abeille.S(アベイユ・エス) 10:00〜19:00 水曜定休

旧名鉄美濃駅 9:00〜16:30or17:00 火曜定休

ニュー柳屋食堂 11:00〜14:30,17:00〜21:30 月曜定休

美濃橋